• カートに商品がありません。
cart chevron-down close-disc
:
  • Arts & Culture
  • Volume 29

Marion Motin

マリオン・モタン

1990年代、マリオン・モタンはクラシックバレエの世界を離れ、ヒップホップの激戦区だったパリ郊外でダンス対決に挑む道を選んだ。人気振付家のモタンが、自身の信念である“直感のムーヴメント”について、さらにマドンナのツアーに同行したことで心が壊れかけた理由をダフネ・デニスに語る。 Words by Daphnée Denis. Photography by Cédric Viollet. Styling by Mélodie Zagury. Hair & Makeup by Gaëlle Bonnot. Producer by Ségolène Legrand. Photo Assistant by Victor Gueret. Agent by Clara Hautecoeur.

マリオン・モタンは子どもの頃、電源をつけたままの掃除機の上に横たわり、その振動を感じていた。「母によると感受性が豊かで日常のあらゆる奇妙な音に敏感な子でした。犬がボウルから餌を食べるときの音にまで乗って、頭を揺らしていたそうよ」と彼女は振り返る。その後、モタンはコンテンポラリーダンサー兼振付家としてキャリアを築いてきた。現在39歳。追求してきたのは、自身の魂が揺さぶられる表現だ。上手く踊るのではなく、自分の心を真っすぐに表す動き。彼女はそれを“直感のムーヴメント”と呼ぶ。自分自身の本質に深く根差した感情によって、自らが突き動かされ、表出される動きだ。

「本能的なものです。単に身体が勝手に動いてしまうというだけではなく、自分自身がその瞬間に求めている動きです。あぁ、これこそが今、私がやりたいことよ! というように」と、うなるような声をあげながら説明する彼女の身体は、目に見えない何かに引っ張られ、震えた。「内面で感じなくてはならないの。まさに自分の中からどういうわけか湧き上がってくる、リアルな感覚よ」。多忙なモタンに直接会って取材をすることはできなかったが、次善の策としてFaceTimeのビデオ通話を使うことに同意してくれた。彼女の回答を耳で聞くだけではなく、その表情も見たい、と思う私の気持ちを察してくれた。「そう、私はとても表現力が豊かなので」と彼女も認める。

モタンは、ダンサーとしてマドンナのツアーに同行したほか、ロビー・ウィリアムスやジャミロクワイのミュージックビデオ、さらにアンジュラン・プレルジョカージュやシルヴァイン・グラウドといった振付家の作品に出演してきた。振付家としての活動では、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズとのコラボレーションとなったChaleur Humaineツアーの振付や、MTVが主催するミュージックビデオの祭典で、2018年の最優秀振付賞の候補となったデュア・リパの“IDGAF”のミュージックビデオがアメリカやイギリスで特に有名だ。また、ロンドンを拠点とする伝説的なコンテンポラリーダンスカンパニーであるRambertから依頼された作品『Rouge』は高い評価を得ている。¹ モタンは現在、ベルギー出身のポップシンガーで、爆発的人気を博しているアンジェルのツアーの振付や、映画の振付指導、さらに出身地であるノルマンディー地方の劇場で行う自身のダンスカンパニーの公演準備に時間を充てている。プロフェッショナルとアマチュアの両方のダンサーと活動することに、ためらいはない。「私が舞台で見たいのは人間、ダンサーではない。実のところ、ダンスにはうんざりさせられるのよ」と彼女は言う。

モタンのダンスとの関係はつねに複雑だった。姉妹でバレエ教室に通っていた子どもの頃は、型の決められたクラシックバレエの稽古にすぐに耐えられなくなった。それよりもビデオを観て覚えたマイケル・ジャクソンのツイストやハットの技をまねたり、ジェームス・ブラウンのような勢いのあるスプリッツをしたりするほうが、ずっと好きだった。コンテンポラリーダンスに挑戦しても心は動かなかった。そして学校でアフロジャズダンスのクラスを受講して初めてダンスを楽しめるようになった。

しかし、ヒップホップは一目惚れだった。10代だったモタンが、当時母親と暮らしていたパリ13区で、たまたま参加したストリートダンスのワークショップがきっかけだった。² ようやくしっくりくるものが見つかった、と感じたという。「子どもの頃、私は強い怒りをずっと心に抱えていました。きちんと列に並ぶなんてまっぴらで、とにかく解放されたかった。その怒りを吐き出したかった!」とモタンはウーッと声をあげ、顔をゆがめる。「ヒップホップはそれを可能にしてくれる踊りよ。自分はそこにいる。そして、飛び込むの。あぁ、もう!」と言い、空中に拳を突く。「怒りは必要よ。その感情を踊りに昇華させるの」

ヒップホップは単に彼女の怒りのはけ口となったわけではない。決して簡単に習得できるものではなかった。奥深い世界だった。動きを身体で覚えるまで、何度もステップを練習する必要があった。ヒップホップ特有のフィーリングや、流れをつかむためにだ。フランスで“スマーフ”と呼ばれている高度なボディウェーブのグルーヴが気に入った。ひとつひとつの技を分解し、動きをマスターした。たとえばウィンドミルは、ブレイクダンスのなかでも特に迫力のある動きで、ダンサーは上半身の筋力だけを使い、床でスピンしなければならない。「脚を引っ張りながら、肘を押すコツをつかまないとできないのよ。わかるかしら? でも、とても理にかなっているところがあって、私は確信したの。そうか、正しくできるようになるには、練習あるのみだって」とモタンは言う。

1990年代後半、ラップ音楽やそれに関連する文化は、フランスのメインストリームからは大きく外れていた。モタンは放課後、仲間とともに地元のショッピングモールで練習し、路上で踊った。パリでもっとも利用者の多いシャトレ-レ・アル駅にも繰り出した。そこは当時、ダンサーたちが自然と集まり、ヒップホップバトルが繰り広げられていたバンリュー(フランス語で郊外の意味)に向かうための最短ルートの駅だった。ダンス対決は激しかった。しかし今でも、モタンのダンサーとしての一番の思い出は、あの戦いの場にある。「とても怖かったわ。でも同時に、バトルに勝てば、もう最高の気分よ。ただ、負けたときは、どうってことないって振りをするの」と言い、モタンは大笑いする。「でもちょっとやりすぎだったわね。今はそんなことはしなくなった。自分の感情を大切にしたいから。どんなときもタフに見せようとすると、結局自分が苦しくなるだけだったわ」

大学で文学と心理学を学んだモタンだが、入学の時点ですでにプロのダンスグループであるQuality Streetの数少ない女性メンバーとして活動していた。フランスのヒップホップ界では、白人女性であることは一切問題ではなかった、と彼女は断言する。「ヒップホップでは、才能があれば黒人であろうと、経験が少なかろうと、ゲイあるいはトランスジェンダーであろうと関係ない。すごい技ができれば、すごい。それだけのこと。私がヒップホップが好きな理由はそこよ」。それでもなお、モタンは2009年に女性だけのダンス集団、Swaggersを結成した。女性を結束させ、異なる種類のエネルギーを放つためだ。