• カートに商品がありません。
cart chevron-down close-disc
:
  • Arts & Culture
  • Volume 33

未来に関する
調 査

50年後の世界はどうなっているだろう? 5人の専門家の意見。

50年後の世界はどうなっているだろう? 5人の専門家の意見。

2020 年はまさに“一寸先は闇”という言葉 がふさわしい 1 年だった。だからこそ、半世紀 先の世界の姿なんて誰にもわかるはずがない ように感じる。今回の「未来」特集では、SF 作 家、神経科学者、2 名の未来学者、サイボーグ 人類学者という、まったく異なる業界に身を 置く 5 人の専門家に未来の予測をしてもらっ た。甘美なユートピア主義的な考えもあれば、シニカルな悲観主義な意見もあり、回答は揺れ動くことに。さらに、この調査でわかった興 味深い点は、未来についての考え方には二項 対立があるということ。つまり、「実際に実現 すると思われる未来を予測する」べきか? それとも「人々が望むような未来を予測する」 べきか? というふたつの意見がある。

人はどのようにコミュニケーションを取 るのでしょうか?

アンバー・ケース(以下AC): 伝達の手段は 変わるでしょう。しかし音楽、芸術、映画、 信仰、愛といった、私たちが伝える内容は変 わらないと思います。

エルウィン・コットマン(以下EC): コミュ ニケーション方法は、良くも悪くもならないと思います。ただ、スピードが速くなるだ け。そして、テクノロジー企業への依存度はますます高まっていくでしょう。

クリスティン・アルフォード(以下KA): テ クノロジーの種類の変化ということよりも、私は未来の言葉について考えます。たと えばミームやポエム、短いテキスト、画像、 動画、音声などが、その共有方法によって何 層にも意味が重なっていくのです。しかも 急激なスピードで共有されるでしょう。

デビッド・イーグルマン(以下DE): 携帯電 話を使わなくなります。そしてより直接的なコミュニケーションが可能になります。 筋肉の微妙な動きや皮膚の振動を使って発信や受信をするのです。こうすることで、視覚と聴覚は他の用途のために使うことがで きます。

アンジェラ・オグンタラ(以下AO): スピー ドを優先することに慣れた結果、持続不可能な社会になってしまいました。この気づきから、将来は速度を落として、もっとゆっくりとした生活を送るようになると思います。

何を着るのでしょうか?

AC:“使い捨ての時代”である 2020 年代の 教訓から、未来の私たちは再び長く着られ る服を選ぶようになるでしょう。自分が暮 らす地域で採れる木の実を使ってリネンを 染めることが、どれほど意味のあることなの か。そういうことに興味を持つと思います。

EC: ノスタルジックになると思います。過 去を振り返り、昔の流行を復活させるのではないでしょうか? 今の私たちが 90 年 代を懐かしむように、今後も 20 年のサイクルで流行が繰り返されるのだと思います。

KA: テクノロジー面では、私たちが身に着 ける衣服に何層にもセンサーが埋め込まれ、電子機器を充電したり、身の回りのデー タを測定したりすることが可能になるで しょう。

DE: ファッション性や保温性という目的だ けでなく、コミュニケーションや感知を目的としたアクティブウェアが登場すると思 います。

AO: 今と同じような服を、より大切に長く 着ると思います。長期のステイホームによって、私たちは生活に新鮮さを求めてい ることがわかりました。しかし“使い捨て文 化”が生活に大きな喜びをもたらしてくれ ないことも痛感しています。

どのような家に住むのでしょうか?

AC: 環境に応じて、さまざまなことが可能になります。たとえば、砂漠に建つ家と太平洋岸北西部に建つ家では、外観からして別 物になるでしょう。家は居心地の良い空間になるでしょうし、省エネを推し進めるた めに自然エネルギーへの理解も深まると思 います。

EC: 社会階級によって異なります。金持ちは高級スマートホーム。中流階級は廉価ス マートホーム。そしてお金のない人たちは、 200 年前からずっと暮らしているボロア パートに住み続けることになるのだと思います。

KA: さまざまなタイプの家族がひとつ屋根の下で暮らすという選択肢も出てくると思います。そこで仕事をしたり、生活をしたりすることに慣れていくでしょう。

DE: 私は『Livewired』のなかで、生物学の可 塑性の原理を、いずれ家も利用できるようになると書きました。1 つまり、家自体が環 境条件に合わせて自ら変わっていくという こと。キッチンをもっと使うようになれ ば、キッチンのスペースを広くしますし、ゲ ストが来て多くの人がバスルームを使うようになれば、それに合わせてトイレや洗面台の蛇口の数を増やしていくのです。

AO: 空間を多次元的に活用し、多世代が一 緒に暮らすようになるでしょう。人々は、家庭、仕事、遊びのバランスがとれた、地に足がついた生活の大切さを再認識します。さ らに、世代を超えた共同生活の実現によっ て、共同生活の定義をより多様な視点でとらえるようになるでしょう。

 何を食べるのでしょうか?

AC: 昆虫食が普通になり、牛肉はもっとも 嫌な食べ物だと思うようになるでしょう。 また、ゴミも生物分解性廃棄物になるので、 人が口にしても問題なくなります。そして 重要なのは、住む地域の環境と気候に適し た食べ物を食べるようになるという点です。

EC: 今と同じく、ジャンクフードを食べ続 けるでしょう。私の発言は悲観的ですよ ね? でも、「食べ物=経済」なのですから 経済が変わらない限り、健康的な食べ物は世界中に行き渡らないと思うのです。

KA: 動物の肉の摂取は確実に減り、植物性 たんぱく質が増えます。しかも気候変動の影響で植物の栄養素が少なくなるので、たくさんの量を食べなければならないでしょう。培養肉も一般的になると思います。

DE: 肉から牛乳まで、すべての動物性製品 は、培養された代替品に置き換えられるで しょう。

AO: 私たちが今食べているようなものを食べているでしょう。でも便利さを追求するのではなく、相互のつながりを重視するようになります。つまり、旬産旬消を意識す るということです。