• カートに商品がありません。
cart chevron-down close-disc
:

その写真の中で彼女は肩に長い木製のスキー板を乗せて、深い雪山の急斜面を登っている。その背後に はアルプス山脈が澄みきった青い空にそびえ立つ。これは 1930年代に シャルロット・ペリアンが見ていた 景色だ。「空と無限性に向かい合っていました」と彼女は説明する。これと対照的な写真では、彼女がデザインしたパイプの長椅子で優雅に横たわり、顔を白い壁に向けている。緊張と平穏を見事に描写した一枚だ。ペリアンと彼女が手がけたモダンデザインにはふたつの補足し合う側面があり、この2 枚の写真はそれぞれの側面をよく表している。ひとつの面は彼女の自然と天然素材への愛。彼女と仕事仲間達はそれをアール・ブリュット(生の芸術)と呼んでいた。そしてもう片方が、自然環境の中で人々が快適に暮らす空間を作ること。世界の注目を集めたミニマルな内装デザインだけでなく、大規模なスキーリゾートの設計も生涯を通して手がけたというこの対比により、他の現代主義者から一線を画していた。

彼女の初めてのプロとしての仕事のひとつは 1927 年のサロン・ドートンヌに出展した『屋根裏のバー』だった。前衛的な芸術を求めてこの美術展覧会に訪れた観客たちは、異彩を放つペリアンの作品を目の当たりにする。豪華なグラン・パレ展覧会場内にペリアンは彼女を含めたパリの売れない建築家やアーティストが住む“狭い屋根裏部屋”を再現した。壁紙の貼られていない傾斜した天井の下で明るく広がっていたのは、狭いニッケルめっき製のバーカウンターとスツール、壁に埋め込まれた蓄音機、ガラス張りのテーブル、革張りのソファ、で構成された空間。それは洗練された幾何学的配置と 反射する光で作られた、外の喧騒を 遮断する避難所だった。汚れた屋根がぎっしりと建ち並ぶパリの街で、まるでそこだけキラキラと光っているようだった。感激した評論家のひとり、ポール・フィエランがペリアンは他の出展者の中に“実りのある不安”の種をまいたと宣言した。彼女の 設計は外の街と室内の対比を描写しただけでなく、不安定な戦後の経済の中で変わりゆく若い世代の未来も 示唆した。これは他のアールデコ派の出展者たちが想像さえできないコンセプトだった。

この大胆な作品により、ペリアンは一躍有名になる。「ほぼ無名の存 在から、カメラのフラッシュを浴びるようになったのです。たった一晩で」と当時を回想する。彼女は当時、学校を卒業してからまだ2年しか経っていなかった。このチャンスを利用すべく、不安と興奮が混ざった状態のままピエール・ジャンヌレと ル・コルビュジエのアトリエで「家具と内装の担当」として自分を売り込む。そしてアトリエの仲間入りを果たし、1929年のサロン・ドートンヌでは初期の共同作品『住居のためのインテリア設備』を発表し、世の中に大きな衝撃を与えた。彼らの“設備” は、それまでの建築における“内装” と“建築構造”という区別を暗黙のうちに取っ払ってしまった。88平方メートルのアパルトマンには壁がなかった。その代りに、標準的な工業生産の収納家具が仕切りとして使われおり、そのシンプルな空間にスチールパイプの椅子とガラステーブルが配置されていた。驚くことにバスルームでさえも壁で囲まれていなかった。トイレの仕切りとして使われたタイル張りのパーティション は、片面はタオルがかかり、反対側はベッドの棚になっているというように、各空間を遮断するように工夫されていた。その展示を見た美術評論家のファビアン・ソラーは「崇拝せずにはいられない大胆さ」と称賛した。また別の評論家は少し冷めた様子で「将来的に私たちは、素敵な空間づくりのために臭いや音を我慢しなけれ ばならないということですか?」と尋ねた。建築史の専門家メアリー・マクロードが論じるように、従来の住居よりも空間面積も豪華さも減るが、かつてないほどに自由な空間の使い方を提案したのだ。

ペリアンは次の10 年間、低予算住宅の開発に熱心に取り組んだ。仕事でドイツやロシアへ行った彼女は、そこで国民の窮乏と苦悩を目撃した。フランクフルトでは高齢者用の公営住宅を訪問した。「まだ背筋が ゾッとします。その住宅は完全に消毒された、死ぬために作られたような場所だったのです」と彼女は言った。またモスクワでは、「空っぽの店の前で飢え苦しむ国民」で溢れてい た。パリに戻ると、コンパクトで設備が整ったスイス学生館と救世軍ビルの中にホームレスのための住居を設計した。その後、中流階級のためのミニマムな住居を手がけている。 1935年のブリュッセル世界博覧会では『若い人のための家』プロジェク トのディレクションをペリアンが担当。ここで彼女はモダニストたちでさえも驚愕するイノベーションを発表した。すでに定番となった長方形収納キャビネット、彼女の親友フェルナン・レジェによる絵画、クジラの骨、その他のオブジェと一緒に、彼女が設計した“背もたれと座面が藁素材の木製椅子”を発表した。モダンとは正反対の藁と無垢材という素材に驚いた同僚たちがその理由を聞くと、「どんな素材でも本気になれるということを証明したかった」と答えた。