• カートに商品がありません。
cart chevron-down close-disc
:

ピエール・ヨヴァノヴィッチは長い年月を費やして、南フランスに所有する広大なシャトー・ド・ファブレグを隅々まで改装してきた。だが、彼がこの田舎に建つ邸宅で一番気に入っているのは、実はインテリアではない。このシャトーにいるとき、ヨヴァノヴィッチはほとんどの時間を屋外で過ごしている。彼はほぼ毎朝、3 匹の牧羊犬を連れて敷地内を散歩 する。小さなチャペルを通り過ぎ、ル イ・ベネシュが設計した迷宮のよう なイチイの庭園まで。その後も、鶏に 餌をやったり、ガーデニングをした りするために、度々庭に出てくる。「私はいつも不安を感じているタイ プなのですが、庭にいると落ち着く ことができるんです」と彼は敷地が 一望できる自宅内のオフィスからビ デオ通話で話す。「心を解き放ち、夢 想家になれる場所なのです」

ヨーロッパとアメリカで 40 件に もおよぶプロジェクトを同時進行し ているデザイン事務所を持つ 55 歳 のインテリアデザイナー、ヨヴァノ ヴィッチ。彼にリラクゼーションは 必要不可欠だ。私が電話取材を行っ た日、彼は改装中のタウンハウスの 案件で訪れていたロンドンから ユーロスターでフランスへ戻ったば かりだった。パリの本社とニュー ヨークの支店、プロヴァンスの自宅 の間を行き来するという多忙な生活を送っている割には、驚くほど爽 やかな表情をしている。1970 年代の イヴ・サン=ローランを彷彿とさせ る大きなメガネが印象的だ。ヨヴァ ノヴィッチの事務所は 2001 年に設 立して以来、無数の個人住宅、そして ホテル、レストラン、アートギャラ リー、オフィス、ブティックなどの内装を手がけてきた。彼の顧客にはミシュラン星を獲得したシェフのエ レーヌ・ダローズ、億万長者の実業家 フランソワ・アンリ・ピノー、デザイ ナーのクリスチャン・ルブタンもい る。ヨヴァノヴィッチは伝統的で装 飾的なインテリアではなく、“控えめ なラグジュアリー”と定義される新 たなフランスのデザイン美学を創り 出した代表的な人物だ。その現代的 なスタイルとは、ピュアな感性と空 間の特性を活かした芸術性に、オー ダーメイドやヴィンテージの家具を ミックスさせるというもの。

ヨヴァノヴィッチがデザインの 道へ進んだきっかけはファッション だった。1990 年代初頭にビジネスス クールを卒業後、最初に得た職はピ エール・カルダンのメンズウェアの 仕事だった。「当時はフォルムが はっきりした服の時代で、カルダン はボリュームとプロポーションの 達人でした。彼は服を通してストー リーを語りました」。在職中の 8 年間 でデザインの責任者として着実にキャリアを重ねていったヨヴァノ ヴィッチだったが、自分の本当の居 場所はファッション界ではないと 気づいた。「創作をしているうちに 思い出したのです。私は子どもの頃、 空想の家の図面をいつも描いて遊ん でいたと」。他の子どもが砂場で無 邪気に遊ぶなか、ひとりだけ設計図 を砂にスケッチする幼少期のヨ ヴァノヴィッチの姿が目に浮かん だ。「カルダンと一緒に働くのは好き でした。でも結局、私の本当の情熱は ファッションではなかったのです。 ただ、彼のアプローチは今日の私の 作品にも生きています。特にシンメ トリーやシルエットの考え方に大き な影響を与えてくれました。たとえ ばドレスのカットや色や形によっ て、背を高く見せたり低く見せたり できるのですが、同じことが空間で もできると思っています」。ふたつの 分野には多くの類似点があることが わかったが、ヨヴァノヴィッチはい くつかの大きな相違点を心に留めて おく必要があった。「ファッションの 創作のほうがより柔軟性がありま す。ドレスは数年だけ着るものです が、家はもっと長持ちさせないとい けませんからね」

インテリアの事務所を設立して 20 年という月日が経つが、彼はまだ オートクチュールの世界から足を 洗っていない。というのも、ファッ ションデザイナーが服作りに用いる “オーダーメイド”というアプローチ を、インテリア業界に応用すること で彼は頭角を現したからだ。仕立屋 が刺繍職人、レース職人、パタン ナーといった職人たちと連携をとっ てオートクチュールを完成させるよ うに、ヨヴァノヴィッチの事務所も 協働する数十人の職人のノウハウを 頼りにしている。「彼らは私の家族 同然です。木工職人、陶芸家、ガラス 職人ともう 15 年間も一緒に仕事を しています。彼らはシンプルな素材 を使って素晴らしく丈夫なパーツを 作 る エ キ ス パ ー ト で す 」。 2 0 1 8 年 に ポルトガルのドウロ渓谷にあった荒 れ 果 て た ワ イ ナ リ ー を 、 シ ッ ク な ゲ ストハウス「キンタダコルテ」へ改装 する依頼を受けたとき、彼は地元の職人のチームを結成し、アズレージョタイル、白い日干しレンガ、手描きのフレスコ画といったポルトガルのクラフツマンシップを多用した空間を作り上げた。「宿泊客にその土地の魅力を感じてもらえるようにしたかったのです」とヨヴァノヴィッチ。コストも時間がかかるやり方のため、大規模なプロジェクトには不向きだろう。

ヨヴァノヴィッチの仕事には、現代における極上の職人技術が全面的に感じられるが、同時に過去の、 特に20世紀のヴィンテージ家具への畏敬も見て取れる。1920年代のアールデコ様式の分派であるスウェディッシュグレース運動の中心的なデザイナーのひとり、アクセル・アイナル・ヨルトの展覧会のセットデザインに関わって以来、ヨヴァノヴィッチは同アート運動の熱心なコレクターだ。彼が手がけるプロジェクトにはほぼすべてスカンジナビアデザインの家具を使用している。た
とえば、アイナル・ヨルトのパインウッドのロッキングチェア、パーヴォ・ティネルのランプ、グンナール・プルンドのダイニングチェアな ど。テディベアの耳がついたような ア ー ム チ ェ ア と い っ た 、自 身 が デ ザ インした「OOPS」コレクションもま た、ヴィゴ・ボーセンが1930年代に 手がけた柔らかなシープスキンで 包まれたラウンジチェアを彷彿とさ せる。「私が敬愛しているこのような 北欧デザイナーたちはコレクターの 間ではあまり名前が知られていませ ん。だから仕事の依頼を受けるとす ぐさま、オークションハウスやアンティークディーラーで家具を探し始 めます。良い品はなかなか手に入ら ないので、できるだけ早く探し始め る必要があるのです」。室内に飾る アート作品についても同様だ。たと えば現代美術でいえば、ダミアン・ ハーストのような大御所よりも、ま だ認知度が低いクレア・タブレや ヴィルヘルム・サスナルのような才能 豊かなアーティストを好む。

彼が選び抜いた職人、アーティス ト、家具デザイナーが一堂に会する プロジェクトこそが、自身が「ライフ ワーク」と呼んでいる、800平方メー トルのシャトー・ド・ファブレグ。 2009年に雑誌の不動産広告でこの プロヴァンス地方の大邸宅を目にし たとき、田舎に家を購入するなど想像 もできなかったという。しかし同じく 南フランスのニース付近出身という ことと、職業上の好奇心も相まって物件を見に行った。「構造は完全に 廃れていましたが、17 世紀の建築の シンプルさに惹かれました」と彼は 語る。「18世紀の大規模なシャトー とは異なり、人々が貧しかった時代 にできた建物のため装飾がほとんど なく、自分の好みに合わせて自由に 変えることができました」。ヨヴァ ノヴィッチと彼の職人チームは、3年 という長期間におよぶリノベー ション工事を経て、修道院のような 素朴な雰囲気のある邸宅を作り上げ た。石灰岩の床から彫刻の施された 天井まで、昔の面影も随所に残って いる。天井は、ヨヴァノヴィッチが 信頼を寄せる左官職人、ジョエル・プ イゼが細心の注意を払って修復し た。「私の役割は指揮者のようなも の。情熱的だけれど個性の強い楽団 員から成り立つオーケストラを指 揮するのが私です」と彼は話す。