• カートに商品がありません。
cart chevron-down close-disc
:
  • Arts & Culture
  • Films
  • Volume 33

ファン・ビンビン
FAN Bingbing

左: ERDOSのスカートとトップス 右: MIU MIUのトップス、JW ANDERSONのポンチョ、GRETA BOLDINI のスカート、MAISON SANS TITREのシューズとイ ヤリング

中国の顔となった女性。
Words by Lavender Au. Photography by Jumbo Tsui. Styling by Evan Feng. Hair by Gao Jian. Makeup by Hu Yiyin.

范冰冰(ファン・ビンビン)の出演映画を初めて観る前から、北京で何度も彼女を見たことがある。エレベーターの中、地下鉄の駅、空港、ショッピングモールなど至るところで、彼女は私のほうをじっと見つめていた。彼女は中国を代表する女優として名を馳せているが、女優という型にはめてしまうと本当の范冰冰を理解することはできない。きっと中国の誰もがそう言うだろう。たとえば 2018 年、愛用しているフェイスマスクをSNSに投稿しただけで、大手の EC プラットフォームのサー バーがクラッシュした。彼女はそんな人物だ。

范冰冰は 1981 年生まれ。“インフルエンサー”という言葉が世間一般に浸透する 20 年も前から芸能活動を始 めているが、インフルエンサーこそが彼女の本質を的確に表せる唯一の言葉かもしれない。卵の殻のような真っ白な肌。大きな瞳。ダイヤモンド 型の顎のライン。范冰冰がこの世に 現れる前は、誰も彼女に似ていな かった。けれども今では、大量の“コ ピー”が生まれ、彼女のソックリさんが大勢いる。中国の写真加工アプリの Meitu のデフォルトのフィルター がそうさせているのではないか、というのが私の仮説だ。しかし、彼女はただ美しいだけではない。その存在は一大ビジネスなのだ。

コロナ禍のため、WeChatのビデオ通話を使って彼女への取材を行った。北京のフォトスタジオにいた彼女は、ちょうど撮影が終了したところだった。どうやらスタジオは寒いようで、彼女は黒いビーニーを頭にすっぽりとかぶり、中国人デザイナーの Christopher Bu がデザインした、前身頃に太い紐が付いた卵型のダウンジャケットを着ている。私の携帯電話の画面いっぱいに映る彼女の顔は、白い肌が輝いている。数え切れないほどの“彼女のコピー”を見てきただけに、その原型を目の当たりにすると違和感を覚えるほどだ。

世界中の誰もがそうだが、彼女もまたパン デミックの影響を受けている。中国での映画の制作や公開が滞っているのだ。そこで彼女は空いた時間を埋めるために新しいチャレン ジを始めたと話す。料理に挑戦したり(ポケボ ウルを作ったそうだ)、夜中の 2 ~3 時まで起きて、美容のチュートリアルや Douyin(中国 版TikTok)の動画を見たり、Instagram をスクロールしてインスピレーションを得たりすることが日課となっている。夜ふかしは悪い習慣であることを認めているものの、すぐには改められないようだ。「時間があっという間 に過ぎてしまうので、寝る時間がもったいないのです」

范冰冰は失った過去数年間を取り戻そうとしている。すべてを手に入れようとしていた矢先の 2018 年、彼女は残酷な運命の逆転を経験したからだ。その発端となったのは、元TVキャスター兼司会者の崔永源(ツェイ・ヨンユェン)の、私怨だった。彼女が出演した映画、 『手機(ケータイ)』。これは人気映画監督の馮小剛(フォン・シャオガン)の作品だが、同映画に登場する“不倫関係に陥り、愛人に司会者 の座を奪われる人気キャスター”という主人 公が、崔永源をモデルにしているのではないかと憶測された。そのため彼は映画公開後にマスコミに追い回され、世間に誤解されたことを公に訴えていた。そして再び范冰冰出演 で続編『手機2』の製作計画が浮上。これに激怒した崔永源は、范冰冰を含む同作品の関係者の暴露を始めた。最初の告発は、『手機2』の 4 日間の撮影に対して約150 万ドルが范冰冰に支払われていたという主張。次に、実際は彼女には800万ドルという報酬が支払われてい たことを明記する別の契約書を公開し、彼女が脱税するために二重契約していた事実を証明。この衝撃のニュースが SNS で炎上。范冰冰側は脱税疑惑を否定したものの、その後彼女は消息不明に。

このようにして、国民的大スターが一変して世間の反感を買う対象となってしまった。映画『エア・ストライク』は中国での公開が中止され、主演を務めた『L.O.R.D 2』も無期延期に。また、時代劇『Legend of Ba Qing』の制作会社が、 別の女優で撮り直したという噂も流 れた。アイドル歌手や俳優として活 動している彼女の弟や、当時彼女と 婚約していた俳優の李晨(リー・チェ ン)の仕事まで凍結される事態に発展した。彼女と同じように脱税を暴露されることを恐れた他の中国人芸能人たちは、必死になって納税を申告するようになった。また、彼女の契約書に記載されていた天文学的な金額が契機となったのか、映画制作における俳優のギャラは制作費の40%、主演俳優は俳優の総ギャラの 70%を上限とする新たなルールが導入された。

中国メディアは彼女の報道の検閲を開始し、彼女はソーシャルメディ アでの発信を完全に停止。ファンは失踪した彼女を心配した。弟は、自身のファンミーティングで涙を流しな がら「10 年後もここに立っているかどうかわからない」という暗示的な 発言をした。婚約者の李晨との結婚も実現しなかった。その前年に行われたピンクをテーマにした范冰冰のバースデーパーティでは、李晨がプロポーズしたことと婚約プレゼント (ロシア人形作家のマリーナ・ビチコバが彼女に似せて製作したドール))が世間を賑わせ、写真が SNSで拡散されていたというのに。范冰冰は政府の監視下に置か れ、自宅軟禁を余儀なくされた。そうして 3 カ 月の沈黙の後、彼女の Weibo アカウントに公開された手紙にはファンと国民への謝罪が記されていた。