• カートに商品がありません。
cart chevron-down close-disc
:
  • Films
  • Volume 29

Greta Lee
グレタ・リー

主役を陰から支える“部外者”として名を成した韓国系アメリカ人女優のグレタ・リー。今、彼女は自らが中心の物語を綴っている。 Words by Rachel Syme. Photography by Dominik Tarabanski. Styling by Jordy Huinder. Set Design by Javier Irigoyen. Hair by Eloise Cheung. Makeup by Rommy Najor.

グレタ・リーは私をDimesに連れてくるつもりはなかった。Dimesはマンハッタンのローワーイーストサイドにある小さな隠れ家のようなカフェだ。パステルカラーのカフェテーブルと大きなヤシの葉の飾りがあり、ジャンボサイズのタヒニトーストを出す、いかにも今風の店。ファッションモデルやスウェーデン人の観光客がカウンター席に一日中居座り、オレンジブロッサムのケフィールを飲んだり、マクロビオティックのパワーボウルを食べたりしている。こういう店をリーは嫌っているわけではない。ただ、もっと“ニューヨークっぽい”店でこの取材をしたかったのだ。

当初の予定では、ここからほど近いGolden Diner で朝食を取りながら取材をするはずだった。オープンしたばかりのGolden Dinerは、オーナーシェフのサミュエル・ユが子どもの頃通っていたクイーンズのダイナーを再現しており、レトロな雰囲気が漂う。リーは2000年代に、ミシュランで星をとった“予約の取れない”レストランMomofuku Koでウェイトレスをしていた。ユは当時の同僚だ。現在ユは自分の店を持つようになり、リーはNetflix製作のドラマ『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』に出演し、HBOのコメディ番組の脚本とプロデュースを手がけている。ふたりの下積み時代を振り返るにはGolden Dinerがふさわしいとリーは思ったのだ。

結局、その日は月曜日でGolden Dinerの定休日だったのだ。「しかたないね。じゃあDimesに行こう」とため息まじりにリーは言った。席につきグリーンジュースとトーストを頼むと、Dimesの雰囲気が「すごくロサンゼルスっぽい」ので来るのをためらっていたのだと言う。現在36歳のリーはLA出身だが、高校卒業後に地元を出て以来一度も戻りたいと思ったことはないそうだ。グレンデールとサウスパサデナの中間に位置するラ・カナダ・フリントリッジという小さな街に住んでいた10代の頃、リーはしょっちゅう地元のゴルフコースの埃っぽい駐車場に車を停め、夜景を眺めていた。ロマンティックなシーンのように聞こえるが、リーはこの光景に幻滅していたという。「まさに人魚姫と同じ状況。ここではない遠く向こうの世界に行きたいと思っていたの。いつかNYに行くことを夢見る若い子っているけれど、まさに私はそのタイプだった」とリーは話す。

彼女は幼い頃ニューヨークで暮らしていたこともあった。しかし幼すぎて彼女の記憶には残っていない。リーの両親はソウルで出会い、ロサンゼルスへ移住した。1980年代初頭にリーが生まれると、アメリカ国内を点々とする生活が始まった。父親は医師だが「英語が話せなかったので、勤務できる病院が見つからなかった」とリーは話す。リーの家族はマサチューセッツ州のスプリングフィールド、ブルックリンのカナージーに住み(リーの妹と弟はその2都市で生まれた)、そしてロサンゼルスに再び戻り根を下ろした。生い立ちについて語りながら、リーは犠牲という概念についても触れる。というのは、韓国でピアニストとして成功していた彼女の母親は「アメリカに来てからピアノをやめて、子どもたちが大学を卒業するまで子育てに専念していた」からだ。

母親が芸術の道を諦めた代わりに、リーは幼少の頃からプロを目指して歌とダンスを習っていた。シカゴのノースウェスタン大学でミュージカル劇を学び(在学中に彼女の夫、俳優兼ライターのラス・アームストロングと出会っている)、卒業するやいなや女優を目指してニューヨークへやってきた。

そして早々にドラマ『Law & Order:性犯罪特捜班』の「タブー」というエピソードに登場する“近親相姦のスキャンダルに巻き込まれる女性のルームメイト”を演じた。その直後、コメディミュージカル『第25回パットナム郡スペリング大会』の巡回公演のメインキャストに選ばれ、“寝る間も惜しんで勉強に励む成績優秀なマーシー・パーク”役を手にした。リーの初公演はサンフランシスコだった。次にボストンへ移り、ニューヨークへ戻ると今度は同ミュージカルのブロードウェイ公演でマーシーを演じることに。25歳になる頃には、アメリカ各地で数千回におよぶ舞台を経験していた。成功をつかんだ、と当時の彼女は思った。

「私の世代の韓国版ナタリー・ポートマンになれると信じていたの」と笑いながらリーは話す。「これでスターになれる。じゃあね、みんな!と思って大喜びだった。まさか公演が終了したら、ウェイトレスをする日々が待っているとは思ってもいなかったんだよね」

舞台が成功していた頃、リーはブロードウェイの薄給で定期的に友人たちにお酒をおごり(「なかには銀行員もいたの。なんてバカなことをしていたんだろう?」)、子どもの頃に夢見たニューヨークの派手な暮らしを実現するためにクレジットカードの借金がどんどん膨らんでいった。「私は本当にバカだったから、キャリー・ブラッドショーになろうとしていたの」と冗談を言う。「ニューヨークに来て、ただお金を無駄使いしちゃった。『セックス・アンド・ザ・シティ』に影響されなかったら今ごろ家でも買えていたかもね」

2008年に『スペリング大会』が終演すると、リーは突如として無職になった。“マーシー”のようなアジア人女性のための役は、一般的な芝居では必要とされなかった。リーは実業家デイビッド・チャン経営のMomofuku Ssäm Bar,でウェイトレスとして働き始め、最終的には上級給仕に昇格し、Momofukuの新店舗のKoやM.のオープン準備を手伝うことになった。オーディションを受け続けてはいたが、食の世界に深く関わるようになっていった。「適当にできない性格で、なんでも一生懸命になってしまうの」と彼女は話す。「当時お店で接客をした業界人に、仕事を通じて“再会”したことが何度もあるの。もちろん彼らはウェイトレスだった私のことなんて覚えていないけれど、私は心の中で『お客さまにお料理をお出ししたことがございます』なんてふざけていたんだ」

2012年、リーはピュリッツァー賞にノミネートされ、リンカーン・センターでプレミア公演されたエイミー・ハーツォグ作の演劇『4000 Miles』の端役を演じた。しかし出番が1場面しかなかったため、出演を断ることも考えていたという。彼女の役は“無愛想な祖母を訪ねてニューヨークへ来た男性の交際相手、中国人女性アマンダ”だった。アマンダは祖母に視覚的な衝撃を与える存在として登場する。「物語の中では盛り上がるシーンなんだけれど、それが私の現代のアメリカ演劇界に対する不満なんだよね。こういう“高尚な”家族ドラマのなかのマイノリティの描かれ方がね……。私たちみたいな部外者に回ってくるのはすごく限定された、強烈なキャラクターだけなの。この場合は主人公とヤッてるアジア人女だしね」