• カートに商品がありません。
cart chevron-down close-disc
:

ベイルートの
灯台守

ヴィクトル・チェブリは嵐や戦争、3度の誘拐を乗り越えて、一族の光り輝くレガシーを維持してきた。
Words by Sabina Llewellyn-Davies. Photography by Bachar Srour.

  • Arts & Culture
  • Volume 34

ヴィクトル・チェブリは嵐や戦争、3度の誘拐を乗り越えて、一族の光り輝くレガシーを維持してきた。
Words by Sabina Llewellyn-Davies. Photography by Bachar Srour.

ベイルートの海に面した丘の上に、古い灯 台が建っている。アラビア語で灯台のことを マナラというが、この黒と白のストライプ模 様の25メートルの灯台にちなんで、この地区 はマナラと名づけられているほどランドマー ク的な存在だ。ヴィクトル・チェブリの一族 はこの国で150年以上も灯台守を務めてきた。 彼はレバノンの軌跡に光を当てることに尽力 している。この灯台は歴史的建造物であると 同時に、国の回復力を示す記念碑であり、個人 が街の遺産を守るために主導的な役割を果た していることを示す・・・

続きは誌面にてお楽しみください。

a

こちらの記事は Kinfolk Volume 34 に掲載されています

購入する

Kinfolk.jpは、利便性向上や閲覧の追跡のためにクッキー(cookie)を使用しています。詳細については、当社のクッキーポリシーをご覧ください。当サイトの条件に同意し、閲覧を続けるには「同意する」ボタンを押してください。