• カートに商品がありません。
cart chevron-down close-disc
:
  • Arts & Culture
  • Volume 35

アナ・ウィーナー
Anna Wiener

シリコンバレーで成功への道を歩んでいたアナ・ウィーナーは、その後、人生を方向転換。彼女が“テック懐疑論者”になる過程を、アリシア・アレインが描く。

アナ・ウィーナーは、自身の自 叙伝について、それは憧れの対 象となるようなヒーローの物語 ではないと警告する。「読者は、 本の主人公が具体的な目標を 持っていることを期待します。 夢に向かって挑戦し、挫折する 主人公が、ついに大成功を収め る、あるいは立ち去っていく姿 を見たいと思うのです。でも、私 はいつも単に何となくおもしろ そうだと思った道を歩んできた だけなのです」と彼女は話す。

しかしシリコンバレーの複数 のスタートアップ企業で、カス タマーサポート担当として働い た 20 代 の 頃 の 経 験 を 綴 り、 2020 年に出版されたウィー ナーの回顧録『Uncanny Valley (原題)』(不気味の谷)を読めば・・・

 

続きは誌面にてお楽しみください。

01

こちらの記事は Kinfolk Volume 35 に掲載されています

購入する

Kinfolk.jpは、利便性向上や閲覧の追跡のためにクッキー(cookie)を使用しています。詳細については、当社のクッキーポリシーをご覧ください。当サイトの条件に同意し、閲覧を続けるには「同意する」ボタンを押してください。